前へ
次へ

法律という物を再認識するという事

法律というと、幅広くあります。
時に身近に注目されやすいのが労働法でしょう。
サービス残業や賃金の支払いの事に有休を使わせてもらえないという事などから、労働基準法にのっとり考えさせられてしまいます。
細かい事を言い出せば切りがないというのが実態ですが、賃金面や時間に対しては厳しく企業を見ています。
ただし、労働の中でもただ時間稼ぎをして時給発生をさせている人もいます。
これに対しては未だに勤務態度により処罰をされますが、それは社内的な事です。
何かあれば働く側が訴える事もできてしまう事もあり、企業も慎重に行かねばなりません。
さらに、上司だけでなく同僚からの揉め事に置いても、企業側が個人個人に配慮をして適材適所へと移動をさせて対処をしていく処置をしなければならないのも事実です。
法律というのはうわべだけで見れば、酷いとおもう人もいますが、中身の実態も加味する事も大切です。
これからの問題として、働く人の態度なども考慮をして堀津設定を見直すことも大切なことではないかと感じます。

Page Top