前へ
次へ

公平な裁判を受けることは出来るのかどうか

判事、検事、弁護士は全て司法修習生になって研修を受けなければいけません。
ですからかなり近い存在だと感じることがあるようです。
弁護士が提出をしなければいけない書類の提出が期限を過ぎてしまっていても、判事から厳しい注意がある、ということはないようです。
注意どこからそれも作戦の1つとしてしか考えていません。
そうなると期限を守っても守らなくても同じ、ということになってしまいます。
それは本来、あってはならないことです。
正しい裁判、こうあるべきだという判断が下るとは限りません。
どこかで忖度されてしまうということはあるようです。
本来であれば判事はプライベートの場では自分の職業が分からないようにしなければいけないようです。
しかし判事も人間なので、物事を冷静に判断することができなくなることもあるようです。
自分の感情だけで判決を下すということもあり、それは公平な裁判ということではなくなってしまいます。
依頼をする弁護士と判事の関係性によって判決が変わってくることもあるようです。

Page Top