前へ
次へ

弁護士に相談をすることが全てではない

法律に触れるようなトラブルが生じた場合、すぐに弁護士に相談をすると考えてしまう人が多いでしょう。
しかし必ずしも弁護士に相談をすることが正解というわけではありません。
弁護士は基本的に利益のことを第一に考える職業なので、勝つ可能性が高いとしても慰謝料請求をした場合、請求をすることが出来る慰謝料と自分の報酬を天秤にかけます。
そして自分の報酬よりも請求をすることが出来る慰謝料の金額が低い場合には、仕事を断ると言う傾向があります。
マイナスになってまでも訴訟を起こすのかどうか、と確認をしてくることがあります。
これは困っている人、弱者に寄り添うということからかけ離れています。
ですから、弁護士に相談をするということが正解というわけではありません。
ではどうしたらよいのか、というと行政書士や司法書士に相談をするという手段があります。
報酬も弁護士のように高額というわけではないですし、親身になって相談に応じてくれるので印象もよいです。

Page Top