前へ
次へ

労働基準法の法律も公平に見る事も大事

労働基準法にて、過剰残業などをして精神や身体に大きな影響が出てしまう事を懸念して、三六協定があります。
また、労働者を守るためにも労働基準法がありさらに労働監督署があります。
監督署では労働基準法に違反をしている場合、発動しますがそれ以外に精神や身体に対しての苦痛などは労働センターへの相談になります。
この法律も人を守るためのものでもありますが、ただ個人個人の勤務態度に対しては企業の監督になります。
ここで公平に見てもらいたいのが、移動や左遷といった事で訴える人です。
企業もその人の勤務態度を見て適材適所へと移動をするのですから、それを逆恨みして訴えるのも良くありません。
知らない人から見れば、酷いやり方ととらえる方もいますが、勤務態度に問題があります。
法律も守るだけでなく企業も守る事をする公平さを持たねばならいという事でしょう。
残業をしながらも、仕事をしないで隠れて休むさぼるという行為は勤務態度に問題があります。
これは、法律を正す側にも公平さを考慮してもらいたいものでしょう。

Page Top